ベラジョンカジノの詐欺説|出金されない、回収モード、イカサマなどについて

ベラジョンカジノの詐欺説|出金されない、回収モード、イカサマなどについて

ベラジョンカジノは詐欺カジノなのか

ベラジョンカジノに限らずオンラインカジノについて回る「詐欺なのか問題」。実際、中には不払いやイカサマを行ったオンラインカジノもあり、笑えないのが辛いところです。ベラジョンカジノが詐欺や不正を行う悪徳カジノなのか、確認していきましょう。

私はベラジョンカジノのプレイヤーですが、特に気になることは1点あります

 

出金できない、遅い、嘘つき問題

1番はこれですね。

 

ベラジョンカジノでよくあるのは出金が遅いという問題です。これは私も時折、体感しています。原則として24時間以内の出金処理を謳っていますが、わりと2-3日かかることもあるし、口コミでは10日以上かかった例もあるようです(GWと重なったようです)。

休日を挟むと週明けまで出金に時間がかかったり、「また出金が遅い」「出金処理されないけど詐欺ですか?」「出金が遅いからサポートに連絡したけどシカトされてる」「もう二度と遊ばん!」みたいな口コミは良く見かけますね。

 

プレイヤーの中には、すぐに資金移動をさせたい方もいると思います。そういった方は、出金処理に定評があるオンラインカジノを選ぶようにした方が確実ですね。なお、ベラジョンは出金が遅いとはいっても最終的にはしっかり支払いは行われていて、決して不払いなどのトラブルは起こしたことがないのでご安心ください。日にちに余裕を持って資金管理できれば大丈夫なカジノです。

 

出金スピードを売りにしている優良オンラインカジノはこちらを参考にしてください。

「」

 

回収モードの存在、急に勝てなくなった

ブラックジャックなどでプレイしていると、いきなり引きが悪くなったり、ディーラーが強くなったように感じることはあります。これは、バカラやルーレットなど他の定番ゲームを遊んでいてもよくあることです。ここで勝てない状況が続いて、5連敗くらいした時に、カッとなってベット額を増やし過ぎないことが大切です(ベット管理法を使っているなら別)。

落ち着いて作戦通りにベットを続けることで、その日のトータルでは負け越しになっても、多少は盛り返すことが出来るタイミングは来ることが多いので、冷静に行きましょう。初心者の頃はやってしまいましたが、負けが込んでるときに全額ベットで勝負したりすると、資金を溶かして大負けする原因になりますよ泣。

 

ベラジョンとソフト会社の関係

ベラジョンカジノでプレイできるカジノゲームは、全てベラジョン以外のソフトウェア会社が作成しています。ソフトウェア会社にもオンラインカジノと同じようにライセンスの取得が義務づけられていて、乱数発生器(RNG)を使ったカジノゲームの勝率などは公開義務があり、審査もされています。ソフトウェア会社にとっては、公正なカジノゲームを提供することが自社の評判に直結します。

ベラジョンカジノが自社でソフトを作っているわけではないので、ゲームの確率を操作することは出来ません。特にベラジョンのように運営会社(Dumarca Gaming Ltd)が上場している企業は、資金調達のために運営に透明性が求められます。不正を行ったことがバレれば、債権者たちの信頼を失ってしまうため、イカサマを行う理由もありません。

そもそも、ブラックジャック、ルーレット、バカラなども勝率は完全に50%ではなく、少しディーラーが有利なように出来ています。何もしなくてもディーラー有利なので、ソフトで不正を行う必要はないんですね。

 

そもそもベラジョンはマルタライセンス取得

ベラジョンカジノはマルタ共和国ライセンス「MGA」を取得していて、合法的に運営されています。MGAの取得では公正なカジノ運営やサーバー、ソフトウェアなどが厳しく審査され、抜き打ち検査で従業員などもチェックされます。特に厳しいMGAを取得し続けていて、剥奪されずにいる。その実績からも、大前提としてベラジョンは詐欺やイカサマを行うオンラインカジノではないと言えます。

 

出金に数日かかったり、本人確認を求められたり、面食らうこともあるかもしれません。しかし、それ以外では至ってまともなオンラインカジノなので、安心してプレイすることが出来ていますよ。