【大負け】ベラジョンカジノは勝てない?負けない方法とイカサマ疑惑

【大負け】ベラジョンカジノは勝てない?負けない方法とイカサマ疑惑

ベラジョンカジノは勝てない

「ベラジョンカジノって勝てないのでは?」

「ベラジョンカジノは絶対に回収モードがある!」

 

ベラジョンカジノに登録している方も、まだ登録していない方も、疑念に思うのは、

”ベラジョンカジノは勝てないのではないか?”

ということだと思います。

 

ベラジョンカジノは勝てない説について、私なりの見解を述べたいと思います。

 

ベラジョンカジノで大負けした経験

まず私自身もベラジョンカジノで大負けし、資金ショートしたことは何回もあります。

 

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ルーレット

などのテーブルゲーム、ライブカジノでは、連敗が続くと怒りスイッチオン!

ベット管理法も守らず、負けを取り返そうとベット額を増やしチップを失うパターンです笑。

 

ビデオスロットでも、

「あれ、普通にじっくり回してただけなのに…」

あっさり資金が0になることも経験済です。

 

それでも勝てるときは勝てるし、$1から$5くらいのベットでも、日本円に直して何万円という当たりが出ることもあります。

それが楽しくて遊んでいるというのが正直なところです。

 

資金の200分の1くらいでベットしていれば10時間以上は遊べるし、娯楽としても楽しいという感じです。

 

でも、トータルでは収支はマイナスですね。

ジャックポット級の大勝ちをして勝ち逃げするのが狙いなので、普段はマイナスなのは仕方ありません。

大勝ちが狙えるのがオンラインカジノのいいところなので、1回は経験して出金したいところです。

 

勝てないのは当たり前だと思う

こんなこというとベラジョンで遊ぶ人が減ってしまいそうですが、ベラジョンで勝てないのは当たり前だと思います。

というのも、必ずハウスエッジ(カジノ側の儲け)があるからです。

オンカジはペイアウト率(還元率)が95%ほどあってめちゃくちゃ高いですが、それでも100%以上ではありません。

遊べば遊ぶほど大数の法則が働いて、カジノ側が確実に儲かるのがギャンブルビジネスの実態です。

 

”勝てないと分かっているのに、何でベラジョンで遊ぶのか?”

 

それは大勝ちを当てて勝ち逃げすることを狙っているからです。

 

  • パチンコやパチスロと違って還元率が高いこと
  • 一攫千金が狙えること

この2つが私がオンカジで遊ぶ理由です。

 

もしかしたら、ただのギャンブル依存症なのかもしれませんが。。。笑

でも、週、月単位では決めた予算で遊んでいるし、社会生活に影響は出ていないから大丈夫!なはず。

 

ベラジョンカジノは詐欺・イカサマなのか

「ベラジョンは勝てないならイカサマなのではないか」

という意見も聞こえてきそうですが、それは違うと考えています。

 

先述した通り、そもそもハウスエッジがあることが明らかなので、わざわざイカサマを働く必要はありません。

カジノ側はハウスエッジとして利益を出し、運営費などに当てています。

 

プレイヤーに還元される中で、大勝ちする人・大負けする人、少し勝つ人・少し負ける人と分かれていきます。

全体で見るとプレイヤーへの還元率は90%中盤で、残りの数%はカジノの儲けです

 

それにベラジョン側は場所を作っているだけで、カジノゲームは別会社が開発しています。

ゲーム会社もライセンスの取得が義務付けられていて、ペイアウト率などの公開も要請されます。

ゲーム会社は公正なゲームを開発することが仕事なので、自発的にイカサマゲームを作る理由はありません。

ベラジョン側も他社が開発したゲームを操作できないため回収モードなどを作ることは不可能です。

 

確かに急に勝てなくなったと感じることはあります。

しかし、それはゲームの流れというわけで、ベラジョンが詐欺やイカサマしているわけではないと考えます。

 

ベラジョンもキュラソーライセンスの下、公正なカジノ運営を審査されているため不正は働けません。

 

■ベラジョンの詐欺、イカサマ疑惑はこちらの記事にまとめました。

ベラジョンカジノの詐欺説|出金されない、回収モード、イカサマなどについて

 

ライブカジノで他のプレイヤーを観戦できる

ベラジョンでは登録して入金した状態ならライブカジノで他のプレイヤーのゲームを観戦できます。

この方法なら無限に観察できるので、ベラジョンが詐欺を働いているのか自己判断できますよ。

 

そこで、1ベット100ドル以上の大きな金額を賭けているプレイヤーを見てみましょう。

 

大きな金額をベットしたからと言って大負けするわけではないと分かると思います。

ただ、マーチンゲール法などを活用して連敗が続いて退席していく方は見受けられますね。

 

連敗が続いてベット額が膨らみ、さらに負けて消えていく、このあたりのメンタルコントロールは重要です。

 

ベラジョンカジノで負けないために

理論上、永遠に勝ち続けることは不可能とはいえ、最初から負けにいく必要はありません!

ここからはベラジョンカジノで負けないために必要な心構えや考え方、ゲーム選びなど解説します。

 

ペイアウト率が高いゲームで遊ぶ

”ペイアウト率が95%でも5%負け続けるから必ず負ける”

でも、だからといってペイアウト率を無視しても良いわけではありません。

 

あくまで私の体感ですが、特にビデオスロットはペイアウト率の影響はかなり大きいです。

90%台後半と、80%台のビデオスロットでは、負けるまでの早さが段違いです。

負けるまでが長いというということは、それまでに勝てるチャンスもあるということ。

どこかでビッグウィン、メガウィンが出れば、その分だけ長く遊べて、さらに大勝ちを狙えます。

 

ベット額の400倍から500倍ほどの資金を用意して、

  • ハワイアンドリーム(ペイアウト率97.00%)
  • バトルドワーフ(ペイアウト率最大96.00%)
  • ムーンプリンセス(ペイアウト率94.51%)
  • ボナンザ(ペイアウト率95.98%)

あたりのビデオスロットを遊ぶと、長く遊びながら着々と大勝を狙える体感です。

 

本気でジャックポットを狙いにいくなら、プログレッシブスロットを選ぶ必要があります。

プログレッシブスロットはペイアウト率が低めで、高額ベットしなければジャックポットも取れません。

資金に余裕がない内は、プログレッシブスロットは避けて、普通のスロットで大勝ち狙いがおすすめです。

 

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ルーレット

は、基本的にはペイアウト率は限りなく100%に近いので大丈夫です。

 

ただし、

  • バカラはプレイヤーorバンカーに賭けるだけ
  • ルーレットは黒or赤に賭けるだけ
  • ブラックジャックはベーシックストラテジーを活用する

という条件つきです。変わったサイドベットは行わないようにしてください。

 

ビデオスロットとテーブルゲームは、無料プレイで練習できます。

  • ビデオスロットならどれくらい回したら勝てるか
  • ブラックジャックは戦略の練習

などを無料モードで行ってから、本番に入るのも良いでしょう。

 

ボーナスを有効活用する

ベラジョンカジノには、

  • 登録しただけでもらえる入金不要ボーナス30ドル
  • 最大500ドルの100%初回入金ボーナス
  • 最大250ドルの50%セカンド入金ボーナス
  • 最大200ドルの100%サード入金ボーナス

など、たくさんのボーナスが進呈されています。

 

もしベラジョンで負けたとしてもボーナスを使ってリベンジできるのは大きいです。

長く遊べれば、大きく勝てるチャンスも広がるからです。

ボーナスには20倍の出金条件がつきますが、ハワイアンドリームなどのペイアウト率が高いビデオスロットなら、序盤で大きい勝ちがこれば、十分に出金条件もクリアすることができます。

 

■ベラジョンの出金条件についてはこちら

ベラジョンカジノのボーナス出金条件と有効期限【禁止事項アリ】

 

出金条件をいやがってボーナスを受け取りたくない方も確かにいます。

しかしある程度大きく勝つには出金条件を満たすくらい長くたくさん遊ぶ必要があるのも事実です。

おまけでもらえるのですからボーナスを活用し、再挑戦しましょう。

 

損切りをする

勝利金額にも損切りにも目標額を決めておきましょう。

特に連敗モードに入ったときはカッとなって取り返してしまいたくなるものです。

 

そこを押さえて、今日は損切り、また明日以降に再挑戦しようと切り替えることが大切です。

”その日の損を受け入れられるかどうか”

これは、ギャンブルで勝つためには必須スキルだと思います。

 

「急に勝てなくなってきたな」

と感じたら、怒りなどの感情をコントロールする機会だと思って、撤退しましょう。