ベットティルトの評判|違法性と健全性、入出金方法とボーナスの評価、プロバイダーもご紹介!

ベットティルトの評判|違法性と健全性、入出金方法とボーナスの評価、プロバイダーもご紹介!
  • ベットティルトって人気あるの?
  • 違法性・安全性は大丈夫か心配
  • ボーナスはたくさんもらえるの?
  • どんな入出金方法が使えるか知りたい
  • ライブカジノのラインナップは?

 

ベットティルトは2014年から運営されているオンラインカジノ

もう中堅サイトと言える領域ですが、

「口コミが少ない…。」

とお感じになっている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで実際にベットティルトに登録して遊んだ管理人がレビューしてみました

違法性や安全性はもちろん、ボーナスなどプロモーションも完全評価!

 

「ベットティルトが気になっている。」

そんな方は登録するかどうかの参考にしてください。

 

ベットティルトの違法性

まずは根本的な問題である違法性から。

ベットティルト以上にオンラインカジノが合法となる条件から確認しておきましょう。

 

<オンラインカジノが合法となる二大条件>

  • オンラインカジノが合法な国に運営企業がある
  • 運営に必要なライセンスを取得している

オンラインカジノというのは上記2つの条件を満たしていれば合法となります。

どちらか1つでも満たしていなければ論外の違法サイトなので絶対に避けてくださいね。

 

ではベットティルトをこの条件に当てはめてみましょう。

<ベットティルトの合法性>

  • オンラインカジノが合法な国「キュラソー」に運営企業がある
  • 運営に必要なキュラソーライセンスを取得している

登録住所「E-Commerce Park Vredenberg, Curacao」

ライセンスの証明ページはこちら

この単純な論理によってベットティルト自体は合法であると結論づけることができます

 

日本から遊んだらダメなのでは?

ベットティルト自体は合法であるとご説明しましたが、勘のいい方ならお気づきのはず。

「日本からベットティルトを遊ぶのは違法なのではないか?」

そんな疑問が頭の中に浮かんでいることと思います。

 

これについては正直に申し上げます。

答えは日本には法律がないため「グレー」となります。

 

「あれ、でも賭博法があるんじゃ…?」

と思いますよね。

 

確かに日本の国内法には賭博法があります。

しかし、賭博法は胴元の検挙を主目的にしていると言われています

胴元を捕まえないと賭博行為が繰り返される危険性があるので自然ですよね。

 

ところが胴元となるベットティルトは海外企業です。

海外で合法運営されている企業を日本の警察が検挙することは不可能。

 

したがってプレイヤーだけを違法として逮捕はできないと考えられています。

 

そもそも賭博は「胴元」と「賭ける人」の両者が存在して成立します。

つまり賄賂(わいろ)と同じように両者の「共犯」によって罪が成り立ちます。

この性質を「必要的共犯」と言います。

 

でも今回はより重要な胴元側のベットティルトは合法です。

胴元は合法なのに遊戯するプレイヤーだけが違法のギャンブルが存在するでしょうか?

というわけで日本からベットティルトを遊んでも逮捕されることは考えにくいです。

 

黒歴史?3人が逮捕された事件について

日本から合法オンラインカジノを遊んでも逮捕はされないとご説明しました。

でも実は歴史の中で1度だけ日本人プレイヤーが逮捕された事件があります

 

それが2016年3月の「スマートライブ事件」です。

この事件では海外で合法運営されている「スマートライブカジノ」で遊んでいた3人のプレイヤーが逮捕されました。

 

なぜ、3人のプレイヤーは逮捕されてしまったのでしょうか

その理由としてスマートライブカジノが日本人専用の環境を持っていたことが考えられています。

日本の夕方から深夜にかけて日本人ディーラーが登場し、日本語でチャットのやり取りも可能。

 

たったそれだけのことで胴元は日本にいるも同然と見なして警察側は仕掛けてきたわけです

あとはネットにIDを公開していたことから3人が特定されてしまったことも原因と言われています。

 

3人の内2人は略式起訴を受け入れ罰金を支払いました。

しかし1人は裁判で争う道を選びました

 

すると検察は不起訴(お咎めなし)に

裁判に持ち込まれると勝てないと判断したためお咎めなしにしたと考えられます。

裁判の結果、違法ではないという判例を作ってしまうのは避けたいですもんね。

 

結局、スマートライブ事件以降は日本人プレイヤーの逮捕者は出ていません

オンラインカジノ側も日本人ディーラーが登場するテーブルを平気でリリースしています。

EvolutionGamingのジャパニーズルーレットは大人気のライブルーレットとなっています。

 

2020年時点で、合法オンラインカジノを遊んでも逮捕されるとは考えにくく「白よりのグレー」なんて表現されるのもスマートライブ事件が顛末があってこそです。

 

ベットティルトは詐欺カジノ?

ベットティルトで遊んでも捕まらないとしても、そもそも勝てない詐欺カジノなのではないか?

そんな不安を拭い切れない方もきっと多いと思います。

 

これについてはベットティルトだから勝てない・勝てるという話ではありません

というのもベットティルトが独自にゲームを開発して提供しているわけではないからです。

 

ベットティルト内で遊べるカジノゲームは、それぞれプロバイダーから提供を受けています

ベットティルトは私たちプレイヤーとカジノゲームをつなぐ場所を作っているだけ。

 

そして、プロバイダーは公正なカジノゲームを作ることが仕事です

カジノゲームを作るにあたりライセンスの取得も義務づけられ、イカサマゲームは審査を通りません。

プロバイダーは自社の評判のためにも、詐欺ソフトを作成・提供する理由はありません。

 

前身のカジクラは信用できない?

ベテランプレイヤーの中には、ベットティルトがカジノ倶楽部ジャパン(カジクラ)を引き継いだオンラインカジノであることを知っている方もいるかもしれません。

(カジクラの閉鎖は2018年8月17日のこと。)

 

閉鎖されるオンカジには何か事情(良くない)があるわけですが、カジクラも同様でした。

カジクラはベット額の上限規約をあとから変更して、しかも過去に遡って適用してプレイヤーとトラブルに

私は上限に引っかかるほど高額ベットはしていなかったのですが、ハイローラーには死活問題です。

 

そのまま閉鎖という流れになり「ヤバい!」という空気になったのですが、幸い資金は返金されました

カジクラを知っている人はベットティルトにも良くない印象を持っているようですが、あくまで別のオンラインカジノなので、私は別ものとして捉えています

 

胴元が勝つ!それがギャンブルです

これを言ったらおしまいかもしれませんが、ギャンブルは胴元が勝つようにできています。

 

オンラインカジノの場合、還元率は約97%と言われています

つまり、プレイヤー側は必ず3%負けて、それがカジノ側の利益になります

 

もちろん勝つ人もいて負ける人もいて、トータルで長期目線で見たときの話です。

 

これは言いかえるなら、ベットティルトは放っておいても儲かるから、あえて詐欺を行う必要はないということです。

稼働させておけば儲かる仕組みがあるのに、不正を働いてプレイヤーの信頼を損なう理由はありませんよね。

 

  • 娯楽として楽しんでいる
  • 大勝ちを狙っている
  • 自分なりの勝ち方を知っている
  • 意外と負けずに楽しめている
  • 自分は勝てている

全体で見るとプレイヤーは勝てないと言ってしまいましたが、遊ぶ理由は人それぞれです。

 

先ほどオンラインカジノはプロバイダーからゲーム提供を受けているだけとご紹介しました。

「それならオンラインカジノがたくさんあったり、選ぶ意味もなくない?」

と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、オンラインカジノごとの違いもちゃんと存在しています。

それがこれからご紹介する入出金方法やボーナスです。

 

ベットティルトの入出金方法

ベットティルトで利用できる入金方法、最低入金額、最高入金額は以下の通りです。

 

入金方法 最低入金額 最高入金額
VISAカード 5ドル 5000ドル
マスターカード 5ドル 5000ドル
JCBカード 5ドル 1500ドル
ウェブマネーカード 5ドル 5000ドル
ビットコイン 5ドル 5000ドル
イーサリアム 5ドル 5000ドル
ライトコイン 5ドル 5000ドル
リップル 5ドル 5000ドル
スティックペイ 5ドル 5000ドル
ヴィーナスポイント 5ドル 5000ドル
エコペイズ 5ドル 500ドル
アストロペイ 5ドル 5000ドル
アイウォレット 5ドル 5000ドル

手数料は無料です

 

利用可能な入金方法の中でもマイナーな決済方法は頻繁に可否が変わります。

管理人が最後に確認したときには以前は使えたJCBカード(クレジットカード)とウェブマネーカードがなくなっていました。

また利用可能になっているかもしれないので、公式サイトも確認してみてください。

 

>>ベットティルトの公式サイトはこちら!<<

 

 

ベットティルトで利用できる出金方法、最低出金額、最高出金額は以下の通り。

 

出金方法 最低出金額 最高出金額
エコペイズ 20ドル 2000ドル
ビットコイン 20ドル 2000ドル
スティックペイ 20ドル 2000ドル
ヴィーナスポイント 20ドル 2000ドル
アイウォレット 20ドル 2000ドル
Jeton 5ドル 5000ドル

手数料は無料です

 

5ドルから入金できるのはベットティルトだけ

  • クレジットカード
  • 仮想通貨
  • 国際送金サービス

いずれも幅広く取り扱っているベットティルトですが、最低入金額5ドルは業界最小。

日本円に直せば約500円とワンコイン感覚で入金できるのは気軽ですよね。

 

「オンラインカジノって本当に入金できるの?」

そんな不安があるときにも最初は5ドルから入金してみることも可能です。

 

手数料無料だから資金が目減りしない

ベットティルトでは入出金ともに手数料が無料です。

決して珍しくはない特徴かもしれませんが、これは強調すべき強みです。

 

手数料が無料ということは入出金を繰り返しても資金が目減りしないということ。

資金が目減りしないということは、それだけ有利にギャンブルできることに直結します

(手数料が引かれる場合と比較して。)

 

先ほどもご紹介した通りオンラインカジノの還元率は約97%です。

そのギリギリのところでプラスになるかマイナスになるかを争っているので、手数料が無料であることは超大切です。

 

一週間・一ヶ月の出金上限がある

2000ドルの最高出金額は1日のものを指します。

ベットティルトでは一週間・一ヶ月ごとに出金上限があります。

 

<ベットティルトの出金上限完全版>

  • 1日あたり2000ドルまで
  • 1週間あたり5000ドルまで
  • 1ヶ月あたり10000ドルまで

上記がベットティルトの期間ごとの出金上限となっています。

 

もし出金上限が気になるときはパイザカジノは上限がないのでおすすめです

パイザカジノの出金方法

 

ベットティルトの入金ボーナス増量中!

当メディア経由で入金ボーナスアップを提供できます

フリースピンを合計で200回分、通常より多くもらえます。

>>こちらよりベットティルトに登録!

 

<上記リンクから登録した場合>

  • 初回入金100%(最大500ドル)のボーナス
    +最大100回のフリースピン
  • 2回目入金50%(最大300ドル)のボーナス
    +最大100回のフリースピン
  • 3回目入金50%(最大200ドル)のボーナス
    +最大100回のフリースピン

 

<もらえるフリースピンの回数>

  • 入金額が50ドル未満の場合、フリースピンは50回
  • 入金額が50ドル以上の場合、フリースピンは100回

 

<フリースピンの対象ゲーム>

  • Berryburst Max(NetEnt)
  • Asgardian Stones(NetEnt)
  • Warlords: Crystals of Power(NetEnt)
  • Big Bad Wolf(Quickspin)
  • Wins of fortune(Quickspin)
  • Penguin City(Yggdrasil)

50回を1単位として同じゲームも含めて自由に選ぶことができます。

どのゲームのフリースピンが欲しいか入金後24時間以内にサポートに連絡する必要があります

 

もし連絡しなかった場合、1回目は「Warlords: Crystals of Power」、2回目は「Penguin City」、3回目は「Big Bad Wolf」のフリースピンが自動で反映されます。

 

<入金ボーナスの出金条件>

  • 40倍
  • バカラは禁止ゲーム
  • 最大ベット額は10ドル
  • 有効期限は30日

 

<フリースピンの規約>

  • 有効期限は7日間
  • 勝利金はボーナスとなり、30日以内に出金条件を満たす必要がある

 

<スポーツベッティングのボーナス規約>

  • 出金条件10倍
  • オッズ2.0以上が確定した賭けのみ対象

 

ベットティルトの入金ボーナスは総額1000ドルです。

1000ドルという合計額は多くもなく少なくもなく十分な金額だと言えます。

追加で300回フリースピンを回せることも考えるとまずまずですね。

 

出金条件は40倍とほかのオンカジと大差はなく厳しめです。

それよりバカラが禁止ゲームというのが引っかかるプレイヤーが多いかも…。

 

バカラプレイヤー以外にとってはまずまず魅力的な入金ボーナスを提供しています。

 

ベットティルトのライブカジノは3社

<ライブゲームプロバイダー>

  • EVOLUTION
  • iSOFTBET
  • EZUGI

2020年8月現在、ベットティルトのライブゲームプロバイダーは上記3社のみ。

3社というプロバイダーは少なめですが、ド定番のエボリューションが遊べるのはGOOD。

 

  • CRAZY TIME
  • BET ON TEEN PATI
  • ANDAR BAHAR
  • SPEED BACCARAT- CRICKET TABLE
  • TÜRKÇE BLACKJACK

などユニークで個性的なライブゲームもどんどんリリースされています

(合計で43種類のライブゲームテーブルでプレイ可能。)

 

お馴染みのバカラ・ルーレット・ブラックジャック・ポーカーに飽きてきたら、ベットティルトのライブカジノでプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

スロットプロバイダーは19社

<スロットプロバイダー>

  • NETENT
  • YGGDRASIL
  • iSOFTBET
  • EGT
  • MICROGAMING
  • QUICKSPIN
  • BETSOFT
  • PLAY’N GO
  • BOOONGO
  • PLAYSON
  • TOMHORN
  • BOOMING
  • REDRAKE
  • HABANERO
  • GAME ART
  • 1×2 GAMING
  • PRAGMATIC
  • ELK
  • RELAX

ベットティルトのスロットプロバイダーは上記19社となっています。

お気に入りのスロットがある方は、プロバイダーがあるか確認してみてください。

 

スターバーストやデッドオアアライブ2のNETENT(ネットエント)、ムーンプリンセスやブックオブデッドのPLAY’N GOはありますね。

しかし、ハワイアンドリームや花魁ドリームのGOLDEN HERO GAMES、ボナンザのBTGなどはないようです。

 

2020年7月にリリースされた「花魁ドリーム」がないのは痛いけど、PLAY’N GOがあるから及第点というところ!

 

ベットティルトの日本語サポート

最後にベットティルトの日本語サポートについても確認しておきましょう。

 

  • メール(supportjp@bettilt.com)
  • ライブチャット

17時から翌日深夜1時まで毎日営業です

(冬時間は18時から翌日深夜2時まで。)

24時間営業でないのは残念ですが、毎日日本時間の夜にはやっているので良しとします。

 

まとめ:こんな人におすすめ

ベットティルトを安全面から入出金方法・ボーナスの評価まで様々な視点から見ていきました。

 

トータルで見ると際立った特徴と言えば4画面同時プレイできることが挙げられます。

  • 少ない時間でたくさん遊びたい
  • お気に入りのプロバイダーも揃っている

そんなときはベットティルトがおすすめです。

 

また、ドルで遊べるオンラインカジノで、ついでにスポーツベッティングできるのも魅力の1つ

カジ旅も同じですが、入出金方法はベットティルトの方が充実しています。

(日本円で遊ぶならカジノエックス。)

 

  • スポーツ観戦も好きだからスポーツベッティングもしたい
  • でもメインはカジノゲームで遊ぶこと

そんな方にもベットティルトは合うオンラインカジノとなっています。

 

今なら入金ボーナス増量中ですので、気になったら利用してみてください

 

>>ベットティルトの登録はこちら!<<